オゾン漂白について

オゾン漂白について

[ オゾン漂白 ]は省エネルギーで低環境負荷なタオル作りを 実現する新しいタオルの製造過程です。

自然界にも存在するオゾンを利用することで、CO2排出量を削減し、薬品使用量も大幅に削減することが可能になりました。

村上パイル株式会社ではこの技術で作られた繊維を利用したタオル作りを行なうことで、 地球温暖化問題の解決へ貢献したいと考えます。

オゾン漂白マークマーク発行:オゾン漂白協会
オゾン漂白の部位が製品全体の50%以上をしめる製品だけが、オゾン漂白製品と認定され、オゾン漂白マークの表示を許諾されます。

オゾン漂白と従来の漂白の違い

タオルの製造過程では天然繊維を加工する際の『精練漂白』の 過程で多くのエネルギーを消費し、薬品を使用します。

従来の精練漂白では、100℃〜120℃の高温で40分から60分の時間をかけ、また多くの薬品を使用して漂白していました。

これに対して、オゾン漂白では、自然界にも存在するオゾンを使用することで、 従来より低温(常温)での漂白を可能にし省エネルギーを実現します。
また薬品使用量を約40パーセント削減することも可能です。

オゾン漂白と従来の漂白の違い

オゾンの持つ強い酸化力と殺菌力

オゾンを利用した精練漂白では、その分解時の酸化力で不純物を取り除き繊維を漂白します。
また、利用したオゾンは加工終了とともに、すべて分解されますので、加工後の製品はきわめて安全です。

私たちの身近でも、上水道やミネラルウォーターの殺菌、食品工場の衛生殺菌、病院等の手洗い水などの多くの場所で様々な用途に利用されています。
さらに最近では、各種の家電製品にもオゾンを利用する機能が取り入れられています。

私たちに身近なオゾンはより多くの場所で、安全な生活やものづくりを支えるようになっています。

Point1 加工後、きわめて安全な製品となる
Point2 不純物を取り除く繊維漂白である
Our towel making
Design Art works
  • Design・・・村上パイルオリジナルタオルのデザイン
  • Art works・・・タオルという芸術品