タオルができるまで

村上パイルでは、糸の準備から織り上げまではもちろん、後処理の工程も大切にしています。
今治タオル最大の特徴である吸水性は後処理で決まるからです。
柔らかいタオルを作るには柔軟剤が必要ですが、入れすぎると吸水性が落ちてしまいます。私たちは日々柔らかく吸水性のあるタオルづくりに取り組んでいます。

1.糸の加工
1.糸の加工

紡績会社から届いたチーズと呼ばれる糸。
作りたいタオルの質感や用途から、捻りの方向や向きを 決められた糸から、タオル作りは始まります。

そのチーズ巻きの糸をまず、一度まき直し、叩き付ける ことによって巻きの角をとり、角の方まで染まりやすく します。
このひと手間で、全体がきれいにムラなく染まるのです。

2.前処理・糸の漂白
2.前処理・糸の漂白

糸は次に余分な油分や蝋、ペクチンなどの不純物を取り除くため、漂白されます。
不純物が残っていると、その部分だけ上手く染まらず、吸水性も悪くなってしまいます。美しい色と吸水性のタ オルを作り上げるためには不可欠な工程です。
村上パイル株式会社ではこの漂白の作業をオゾン漂白によって行い、環境にも配慮したタオル作りを行なっています。

3.染色
3.染色

漂白された糸は綿本来の自然な白さを取り戻します。
白いタオルはこのまま織られ、色付きは漂白して素直に染まるようになった綿に染色を施します。
染色のタイミングにより糸の段階で染める先染めとタオルに織り上げてから染める後染めがありますが、先染めの場合はこの段階で糸を染め上げます。
糸を染色機にセットし、圧力をかけて染色液を流し込み、染色します。

4.織機でタオルを織る
4.織機でタオルを織る

糸の準備が終わったらタオルを織ります。デザインや種類によって織り機を使い分けています。 何台もの織り機を置いていますので、部屋中ガシャンガシャンというタオルを織る音が響き渡っています。 パイルの状態を均一に保つため、部屋は常に室温30度湿度65%程度の状態にしています。

5.プリント
5.プリント

細かい柄などを染め上げるためには、織り上げた後にもうひと手間、プリントの工程が必要です。
捺染は、プリントの技術のひとつ。のりに染料を混ぜたもので細かい柄を描き出し、熱を加えることで色素だけをタオルに定着させる技術です。

まず柄をスクリーンに写しとり、原画そのままではなく、3次元であるタオルのパイルの凹凸やにじみなども考えてタオルに適した模様に作り替えます。
この柄をもとに、感光でスクリーンに穴をあけ、版を作成します。
版の次には、原画の色をもとに色を作ります。
長年蓄積してきた色の配合から、近い色を探し出して原画の色を再現します。

地の色や素材にも影響を受けるので、何か違うと判断した場合は、染料や刷毛を微妙に調節し、職人の勘で原画により近い色柄に調節します。
さらに細かいプリントを行う場合は、インクジェットでのフルカラープリントを利用し、写真のような美しいタオルをつくることも可能です。

6.洗い
6.洗い

染色、プリントが完了したタオルはもう一度洗いにかけられます。
この工程で糊抜きをすることで、やわらかさと吸水性というタオル本来の役割である使い心地の良さが引き出されます。
こうしたひと手間が村上パイルをはじめ、ブランド化された今治タオルの品質を支えているのです。

7.検版
7.検版

検版についてテキスト検版についてテキスト検版につい 検版についてテキスト検版についてテキスト 検版についてテキスト検版についてテキスト検版につい

裁断され、縫製工場に持ち込まれて一枚一枚ヘムと耳を 縫い合わされて皆様のもとへ届けられるタオルの形にな ります。

Our towel making
Design Art works
  • Design・・・村上パイルオリジナルタオルのデザイン
  • Art works・・・タオルという芸術品